豊胸について詳しく知ろう

豊胸手術を受ける前に知っておきましょう

このサイトではバッグを使った豊胸手術について詳しく説明していきます。
中に入れるための袋の中身はシリコン製のものと生理食塩水が入っているものの2つがあります。
それを入れる場所は乳腺の下、あるいは大胸筋の下に挿入するのがあります。
その手術は目的によって異なりますが脇のシワに沿って皮膚を数センチ切り、そこからを袋のスペースを作り出しシリコンを入れます。
もう一方は乳房の溝に沿って皮膚を切開するという方法です。

バッグを挿入する豊胸手術とは

バッグを挿入する豊胸手術とは 豊胸バッグを挿入する方法の乳房の下に豊胸バッグを入れる方法は、もともと胸が豊かな方に向いている方法です。
一方大胸筋の下に挿入する方法はもともとの胸が小さい人に適しています。
腋窩法(えきかほう)と呼ばれる脇の下から挿入する方法は乳房の下に傷を残すのが嫌だと言う人に行われます。
乳房下方は腋窩法に比べて出血を確実に止められるというもので、普通の場合はこちらの方法が用いられます。
豊胸に用いられるシリコンはかつて、シリコンバッグが破れて体の中に流れ出し炎症を起こすという問題があり、世界的に禁止されたこともありました。
現在ではその問題が改良により解消され、安全で質感も自然なものになって使われるようになりました。

豊胸で用いられるシリコンバッグの種類について

豊胸で用いられるシリコンバッグの種類について 豊胸で用いられるシリコンバッグには様々な種類のものがあります。
型崩れしにくい硬めの生理食塩水や本物に触り心地が良くて近い仕上がりで柔らかめのコヒーシブシリコンなどがそれにあたります。
素材のバリエーションとしては、表面がざらざらしていて凹凸があるテクスチャードタイプや表面がツルツルしていて凹凸がないスムースタイプがあります。
テクスチャードタイプの方は被膜と豊胸シリコンバッグの間に隙間をつくることが出来るので拘縮を予防することが出来ます。
スムースタイプの方はテクスチャードタイプに比べて拘縮を引き起こすリスクが高まりますが、柔らかいバストに仕上がります。
自然なおわん型の仕上がりが期待出来るラウンド型やバストの下の部分にボリュームを出して涙型に仕上げるアナトミカル型や左右非対称のアシンメトリー型など形のバリエーションも様々です。
自分にぴったり合った最適で最善で最良な豊胸手術を実現させるためには、理想を明確にしておくことが重要になります。
重要視するポイントや理想のサイズや触り心地や柔らかさなどを明確にしてカウンセリングの際にドクターにしっかりとそれを伝えることが大切です。
最適なシリコンバッグの種類を選んで理想のバストを手に入れましょう。

豊胸バッグ関連サイト

専門の医師がカウンセリングから始めてくれる豊胸バッグの挿入

豊胸 バッグ