豊胸について詳しく知ろう

豊胸手術を受ける前に知っておきましょう

豊胸手術でバッグを挿入する場所

豊胸手術でバッグを挿入する場所 豊胸手術を行う際にバッグを挿入する場所は大きく分けて二つあり、乳腺下法と大胸筋下法が選ばれる事が多いです。
乳腺の下に入れる手法であれば、元々から胸にある程度のボリュームがある人も、自然な胸の形を作り出せます。
その乳腺よりも奥にある大胸筋の下にバッグを固定する大胸筋下法です。
胸のボリュームが少ない人であっても、筋肉と皮膚がシリコンを支える事ができるので、バッグを固定する場所として最適だと言えます。
乳腺下法は筋肉の位置を動かさずにシリコンなどを入れる事ができますが、大胸筋下法の場合は筋肉の位置を少し動かしてから、バッグを固定しなければいけません。
どちらの手術法も筋肉の動きには悪影響は及ばないので、安全性に優れる豊胸手術として人気があります。
胸のサイズがある程度は大きくても、筋肉でバッグを固定した方が安全だと医師が判断した場合は、大胸筋下法が選ばれる事も珍しくないです。
どちらの手術法も出血量は少なくて、皮膚の傷跡も目立ちにくいです。

豊胸にはいろいろな施術があり切開する位置があります

豊胸にはいろいろな施術があり切開する位置があります いろいろな施術があり、ヒアルロン酸を使うとメスを使用しないで施術することが可能です。
注射器を使いヒアルロン酸を注入し、30分で完了することができます。
2、3mm穴が開きますがほとんど目立つことはないでしょう。
脂肪注入を利用するとメスを使用しないので便利です。
ヒアルロン酸と同じく傷は針穴のみで、脂肪を吸引すのに皮膚を少し切開するだけです。
数mm程度になり、足の付け根やおへそなど目立たない部位に空けることが多いです。
シリコンバッグ豊胸はシリコンバッグを挿入するので切開を行わなければいけません。
バッグのサイズによりますが4cmぐらいきることになり、位置として脇から挿入することが多いです。
4cm切ることに抵抗感を持つ人もいますが、日本では9割の人が脇からシリコンバッグを挿入します。
脇の傷は次第に他の皮膚と同化していくので、それほど目立たなくて済むでしょう。
豊胸方法は医師と相談しながら選択することができます。