豊胸について詳しく知ろう

バッグを挿入するメリット

バッグを挿入するメリット

バッグを挿入するメリット 豊胸でバッグを挿入するメリットは、他の方法よりもサイズを大幅にアップできることです。
少しずつ調整をしながら入れるヒアルロン酸とは違い、1回の豊胸手術で2サイズ大きくすることもできますし、それ以上ということも無理ではありません。
一気にバストアップができるのが最大の魅力なため、貧弱なバストで悩んでいる人には、すぐにサイズアップできるのは理想的です。
自分の不要な脂肪を使い、バストに注入をする方法は、要らない脂肪はバストに移るので良いものの、もともと痩せている人にはできません。
最初から痩せている体形で、サイズアップをするとなると、余計な脂肪がないため脂肪注入はできませんが、バッグの挿入なら可能です。
長年の悩みであった小さなバストの悩みを、手術をすることですぐに解決をすることが出来ます。
手術を受ける前は貧弱であった胸元は、無事に手術が終われば理想の大きさになっているので、すぐに希望のサイズのバストを手に入れることのできる手段です。

バッグ挿入方法による豊胸手術のデメリットとは

バッグ挿入方法による豊胸手術のデメリットとは 豊胸手術において一番てっとり早く豊胸できる方法は、人工乳腺バッグを挿入する人工乳腺法です。
挿入するバッグには代表的なシリコンをはじめ、生理食塩水やハイドロジェル、カルボキシメチルセルロースやソフトコヒーシブなどがあります。
挿入する位置は、乳腺の下に涙型のシリコンを挿入してバストの下部にボリューム出す乳腺下法と、大胸筋の下にラウンド型のシリコンを挿入して、全体のボリュームを出す大胸筋下法が代表的です。
1回の手術で翌日からバストアップでき、術後は半永久的に豊胸が永続するというメリットがありますが、レントゲンはもちろん超音波やMRI検査で写ってしまう、マンモグラフィーが受診できないというデメリットがあります。
その他にも、シリコンやカルボキシメチルセルロースは万が一破損した時に成分が人体に悪影響を及ぼす可能性がある、生理食塩水は悪影響は無いものの破損して漏れやすいなどのデメリットもあるので、術前によく考えてから手術を決めることが大切です。