豊胸について詳しく知ろう

豊胸手術を受ける前に知っておきましょう

バッグを挿入する豊胸の手術時間

バッグを挿入する豊胸の手術時間 シリコンバックのような人工乳腺を挿入する豊胸施術は、やせ形体質の人もすぐにバストアップできるのが魅力です。
さらにバスト効果が長く持ち、半永久的に継続できるのも嬉しいポイントです。
けれど他の豊胸施術と比較すると手術時間が長くなり、体にかかる負担が大きくなりやすいので注意が必要です。
手軽にできるバストアップケアにヒアルロン酸注入法があります。
これは注射器でバストにヒアルロン酸を注入していくもので、ケアにかかる時間は約15分から30分ほどになります。
一方、バッグを挿入する施術はワキの下を4cmほど切開し、バッグを胸まで挿入していく必要があります。
そのためヒアルロン酸注入法の約2倍ほどの60分以上が必要になってきます。
これに加えて、全身麻酔をする必要がある必要があるので注意しましょう。
手術後の痛みや腫れの継続にも大きな差が出てきます。
人工乳腺挿入法は腫れや内出血が2週間ほど続くうえに、通院も必要になります。

豊胸で人気のある手術の料金を比較してみました

豊胸で人気のある手術の料金を比較してみました 豊胸術にもバックを入れる方法や自身の脂肪を取り出して注入する方法、ヒアルロン酸などがあります。
それぞれ手術のやり方にも違いがあり、当然料金も変わってきます。
いくつかの方法がある中で手軽に胸を大きくできるのがヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸の費用はクリニックによって異なりますが、1CCあたり3000円程から、他にも施術費が必要となります。
施術費も合わせて10万円以上と考えておくといいでしょう。
また、脂肪注入術は90万~100万円以上が一般的です。
ヒアルロン酸よりも費用は高くなりますが、痩身効果も期待できるので現在注目されている豊胸術でもあります。
ヒアルロン酸や脂肪注入術よりも胸を大きくするバッグはバッグの種類やクリニックによって異なります。
大手クリニックなら100万円程です。
どの手術がいいのかはバストアップのサイズ、また、料金を比較して決めるのがお勧めです。
カウンセリングで分からない点を質問するといいでしょう。